50年代ファッション アメリカン・スタイル

戦争の傷痕が癒え始めた50年代は、消費文化が一挙に花開いた時代でした。1947年、パリでクリスチャン・ディオールが発表した「ニュー・ルック」。これは丸みを帯びた肩と胸、細く絞ったウエスト、そして布をふんだんに使ったスカートという女性らしい華麗なスタイルです。この「ニュー・ルック」が50年代のファッションの流れを作り、その後も華やかな服が次々と創り出されていくきっかけとなります。
日本でも50年代初頭は、布地を多用した裾広がりのスカート姿の女性たちが町を彩りました。当時はアメリカ経由で紹介されたスタイルだったため「アメリカン・スタイル」と称されていましたが、原型は世界的に流行した「ニュー・ルック」です。

50年代ファッション シネマ・ファッション

また50年代は映画が娯楽の中心でした。ヒット映画に登場したファッションが流行するなど、映画がファッションリーダー的存在だった時代です。代表的なのは、1953年の邦画『君の名は』から生まれた「真知子巻き」。1954年のアメリカ映画『ローマの休日』のヘップバーンカットと呼ばれたヘアスタイルなどです。

これ、私も買いました。まさにトレジャー。宝物です。表紙の表情が大好きなので、本棚にしまいこむのがもったいなくて部屋で飾っていて、結果、手にとってパラパラとめくる回数が多くなっています。

the audrey hepburn treasuresがやや手に入れにくくなっているので・・。価格的にも、こちらは手頃です。タイトルの「スタイル」にはファッションだけでなく、オードリーの生き方も含まれます。内側からあふれ出る彼女の美しさを感じられる本です。

50年代ファッション 太陽族

一方、50年代の代表的なメンズファッションはというと、「太陽族」があげられるでしょう。1956年に芥川賞を受賞した石原慎太郎『太陽の季節』では、戦後の無軌道で不道徳(と言われていた)な若者の姿が描かれていました。同名の映画が封切られると、その登場人物たちのファッションスタイルを真似た若者達が多く見られるようになり、彼らは「太陽族」と呼ばれるようになります。
太陽族のファッション的な特徴と言えば、まず原作者である石原慎太郎の名前を冠した「慎太郎刈り」。これは、スポーツ刈りの前髪を短く刈りそろえないで額に垂らしておくヘアスタイルでした。そして、アロハ・シャツに細身のマンボズボン、ツートンカラーの靴にサングラスなどなど。
マンボズボンは、その後のロカビリーファッションでも共通して流行ったアイテムです。「ロカビリー族」も「太陽族」同様に、ファッションだけでなく社会現象として評されることが多いです。ただ、その遊び人やミュージシャン的な、特徴的なスタイルはファッションの歴史の一ページであると言えます。

50年代ファッション 自由なファッション

アメリカンスタイルも太陽族のファッションも、古い価値観を捨て、「自由」に生きる若者達が中心となって流行ったファッションです。つまり50年代は、戦争からの開放と新しい時代への期待、豊かさへの憧れなどがファッションに色濃く反映されていた時代だったと言えるでしょう。

50年代注目キーワード>>シネマ・ファッション ロカビリー族