60年代ファッション アイビー・ルック

60年代は、1958年から続く「岩戸景気」で幕を開けました。高度経済成長が進む中、ファッションの世界も一段と広がりを見せていきます。まず60年代に流行ったファッションと言えば、「アイビー・ルック」でしょう。「VAN」を発端としてブームを巻き起こした「アイビー・ルック」は、元々はアメリカ東海岸の名門8大学アイビーリーグに伝わるファッションでした。その特徴はナチュラル・ショルダー、ずん胴型シルエット、3ボタン(上2個掛ける)という細長いストレ−トなライン。中には、アイビーシャツとも呼ばれるほどの定番、ボタンダウンシャツを着るというものです。

60年代ファッション みゆき族

1964年、戦後初の大イベントである東京オリンピックが開催されます。この年、一シーズンだけの突発的な流行が起こりました。「みゆき族」です。64年の5月頃から銀座のみゆき通りや並木通りに大勢の若者がたむろするようになりました。「みゆき族」はこれら若者達の総称で、「みゆき通り」から名づけられた一種の社会現象です。ファッションの特徴は、男性は流行中のアイビー・ルックを少し崩したスタイル。女性はロングスカートのバックに共布のリボンベルトを結び、二つに折ったハンカチーフを頭にかぶる。そして男女ともに、大きな紙袋か麻袋をかばん代わりに抱えていました。紙袋はVANが大人気で、こうした袋類以外ではショルダーバッグを持つパターンもありました。
しかし、「みゆき族」は一夏を境に一斉に姿を消しました。9月から始まる東京オリンピックに向けての風紀取締りとして、築地警察が「みゆき族」を一斉に補導したからでした。

60年代ファッション モッズ

60年代半ば、音楽の世界ではグループサウンズに注目が集まります。ブームが起こったのはビートルズが来日した1966年。音楽面での衝撃とともに、彼らが着ていたモッズファッションは、日本のメンズファッションにも大きな影響を与えました。ロンドンの下町から発信された、モダーンズを略してモッズと呼ばれたファッションの特徴は、長髪に船員帽、水玉や花柄など派手な柄でウエストを細くしたシャツ、股上の浅いスリムパンツ、幅広ネクタイ、そしてブーツなど。
こうしたスタイルは、日本ではGS(グループサウンズ)ファッションとして開花します。モッズファッションをアレンジしたミリタリー調のザ・スパイダーズ、フェミニン調なタイガースなどが代表的なバンドです。が、そのファッションの奇抜さゆえに一般の人が着るような大流行とまではいきませんでした。

さらば青春の光 スペシャル・エディション [DVD]

さらば青春の光 スペシャル・エディション [DVD]
¥ 5,000
ASIN: B000HT2N2W
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

   ザ・フーのアルバム『四重人格』を原作として製作されたフランク・ロッダムの情熱的な作品。ロックを基盤にした作品としては、ザ・フーの別のロックオペラ『トミー』やピンク・フロイドの『ザ・ウォール』、ミュ..
CS Shop

モッズ映画として有名なのが、こちら。フーが1973年に発表したアルバム「四重人格」がベースとなっており、映画公開は1979年になります。ストーリ的には賛否両論あり、モッズ文化に詳しい人にはひっかかる部分も多々あるようです。でも、60年代モッズの雰囲気を味わいたい方におすすめです。

60年代ファッション サイケ族

1967年、新宿東口駅前広場に若者の集団が現れました。仕事もせず、特に何をするでもない彼らのファッションは、ユニセックス、汚れたTシャツにジーンズ、素足にサンダル、ショルダーバッグ、そしてヘアースタイルはモッズ以上の長髪に無精ひげといったものでした。ヒッピーやフーテンと呼ばれた彼らの中には芸術家もいて、新宿はアングラ文化の発信地となっていきます。こうした動きは、ファッション界にドレスダウンという概念を登場させました。
一方アメリカでは、ドラッグで得られる幻覚や意識拡大を通じて音楽やファッションで新たな表現を生み出すサイケデリック・ムーブメントが起こり、日本でも「サイケ調」のデザインが流行し始めます。その中心となったのが新宿で、サイケ調ファッションの洋服やポスターが売られ、サイケ調インテリアでロックが爆音で流れる中、若者が踊り狂うサイケスナックが目立つようになっていきました。こうしたサイケファッションに身を包み、サイケスナックに通う若者達は「サイケ族」と呼ばれていました。

60年代注目キーワード>>VAN ミニ・スカート