70年代ファッション ジーンズ

ジーンズは、60年代後半から活発化した学生運動、そしてヒッピーが世間に広めたファッションアイテムです。自由や反抗、反体制の象徴でもあるジーンズは、若者ならではのファッションとして、よくも悪くも流行していきます。
当初はシンプルなストレートジーンズが主流でしたが、ベルボトムジーンズが登場して、最先端ファッションとしてジーンズが認識されていきます。腿はぴったり、裾丈は地面スレスレ、その裾はラッパのように広がったデザインのジーンズに、上げ底の靴と体にフィットしたTシャツを合わせるのが定番のファッションコーディネートでした。しかし、「ファッション」化してしまったジーンズは、その反体制としての象徴性が薄れ、次第に廃れていくことになりました。

70年代ファッション ヘビーデューティー

70年代前半は本来、作業着だったはずのジーンズがファッションとして受け入れられるようになりました。70年代半ばには、アウトドアファッションやスポーツファッションを日常着として着る若者達が増えていきます。このように本来はアウトドアウェアだったアイテムがタウンカジュアル化したものを、「ヘビデューティー」と呼びます。
ファッションアイテムとしては、ダウンジャケットやダウンベスト、スニーカー、トレーナーなどが流行し、現在でもカジュアルかつ実用的なファッションアイテムが、この頃から広まっていったと言えます。
この流れは、1975年にベトナム戦争が終結し、大勢の若者が日常生活に戻ってきたことから始まったようです。アメリカに若者文化が戻ってきたため、ジョギングやテニス、サーフィンなど、様々な遊びの文化が生まれ始めたのです。

70年代ファッション ニュートラ

ファッション雑誌の創刊が続いたのも70年代の特徴です。70年「an an」、71年「non-no」、77年「more」「クロワッサン」、79年「JJ」などなど。「ニュートラ」は、こうしたファッション雑誌から火がついたファッションブームだったようです。
1975年頃か80年代前半にかけて流行った、神戸発のお嬢様風ファッションスタイル、ニュートラディショナルを「ニュートラ」と名づけたのは、an anでした(横浜元町発のファッションスタイルは「ハマトラ」と命名)。ファッションの特徴は、ブレザーやワンピース、カーディガンなどの定番アイテムに、グッチやフェンディ、セリーヌ、エルメスなどの海外有名ブランド小物を合わせるというものでした。名付け親はan anですが、実際に流行の中心となったのはJJです。雑誌モデルを起用するなど、一大ファッションブームを巻き起こしました。この時期、メディアにより全国で注目されるようになったブームには、79年に原宿歩行者天国に登場した「竹の子族」も上げられます。

70年代注目キーワード>>ハマトラ 竹の子族