80年代ファッション DCブランド

80年代のファッション界は、DCブランドの時代でした。DCとはデザイナー&キャラクター・ブランドの略で、大手のアパレルメーカーでは作れないような、デザイナーの個性が全面に出た商品を企画生産販売する事業のことを指します。DCブランドを出していた会社の設立は70年代から始まっていましたが、話題性のある売り場や雑誌「an an」などに商品を露出することで若者達にその存在を浸透させ、事業を拡大させていき、80年代に入り人気を不動のものとします。代表的なブランドは、山本耀司の「ワイズ」や川久保玲の「コム・デ・ギャルソン」などです。
DCブランド興隆の背景には、80年代に入りバブル期が始まろうとしていた時代、若年層でも自由に使えるお金が増えてきて、ファッションにお金をかけられるようになったということがあるようです。
DCブランドブームの最中には、全身を一つのブランドでまとめる若者も増えていきます。どこのブランド、どのデザイナーのものを着ているかが、着る人の個性、自己主張となったのです。

80年代ファッション ボディコン

80年代後半になると、バブル景気は加速度を増していきます。「セクシーな大人の女性」を目指す社会人の女性達が、通勤時にも着られるセクシーなファッションということで初期の「ボディコン」スーツを着るようになりました。DCブランドのややルーズなデザインに満足できなかった女性達の間で、この「ボディコン」というファッションは急速に広まっていきます。ボディコンブームは1986年〜89年頃まで続きました。
「ボディコン」とはボディ・コンシャスの略です。この「(女性としての)体型を意識する」というスタイルは、1981年にデザイナーのアズディン・アライアがミラノコレクションで初めて発表しました。日本でイメージされる「ボディコン」は、アズディン・アライアが提唱したスタイルを、さらに体の線が目立つように強調したものです。 前髪をカールさせたワンレングス、「ボディコン」ファッションで決めた女性達は、仕事を終えた後にはディスコへ繰り出し注目されるようになります。この頃から、ボディコンは通勤着としてではなく遊び着として認知されるようになっていきました。

80年代ファッション 渋カジ

バブル期の頂点1988年頃から、一世を風靡したDCブランドの反動かカジュアルなファッションスタイルが広まっていきます。白のTシャツやポロシャツ、ストライプシャツにインポートもののストレートジーンズ、紺のブレザー、ヴィトンのバッグに足元はモカシンというシンプルなファッションは渋カジ(渋谷カジュアル、渋いカジュアルという説もあり)と呼ばれていました。このファッションスタイルの発信源が、渋谷区、港区、世田谷区などの私立男子高校生だったからのようです。彼らの親は、社会的にも経済的にも恵まれた世代でアイビー・ルックなどに親しんだ世代です。当然のように、その子供達は親のファッションセンスを受け継ぎ、ジーンズや紺のブレザーなどをカジュアルに着こなすのは自然なことでした。
こうした私服で渋谷や六本木で遊ぶ男子高校生の姿がメディアに取り上げられると、全国的に広まってゆきました。

自分のファッション

ここまで、経済成長の始まる50年代に流行したファッションから、バブル期真っ盛りの80年代に流行したファッションを振り返ってみました。
ファッションの流行は、周期的にリバイバルすると言われます。実際に街を歩くおしゃれな人を観察してみると60年代風、70年代風テイストを今現在のファッションに上手に取り入れている人が多いです。過去のファッションの流行をチェックして、自分流のファッションスタイルを作る参考にしてもらえれば嬉しいです。

80年代注目キーワード>>カラス族 紺ブレ