ミニスカートの始まり

1961年にマリ・クワント、65年にクレージュがミニスカートをパリコレで発表するなど、ミニスカートは60年代に入って、世界的に広まっていきます。スカート丈も年々短くなり、1966年には膝上10cm、1968年にはマイクロミニと呼ばれる膝上30cmのスカートが登場します。

ミニスカートならツィッギー

日本でもクレージュのコレクションに触発されたアパレルメーカーがミニスカートを取り入れましたが、一大ブームとなったきっかけは、1967年秋のスーパーモデル・ツィッギーの来日でした。「小枝」という意味のツィッギーは、その名の通り小柄で華奢な体型でしたが、その体型ゆえにミニスカートがとてもよく似合っていました。来日記者会見では最先端ファッションである膝上30cmのミニスカート姿が注目を集めて、その影響で日本でもミニスカートの女性が爆発的に増え、町を歩く女性もミニスカートばかり。ヒップボーンやAラインのミニスカートなど様々なデザインのミニスカートが、町を華やかにしていました。
ミニスカートは1973年のオイルショックで下火になるまで、モッズファッションやサイケ族のデザインなども織り交ぜつつ、終息を迎えました。

ツィッギーをはじめアンナ・カリーナやブリジット・バルドーといった、60年代のファッションアイコンをとりあげたビジュアル本です。私はこの本で紹介されている映画を次々と見てしまいました。みんな細いなー。。。